福島

南房総・冬旅

勝浦〜館山〜保田のドライブレポート

一般に「南房総」と呼ばれる御宿(おんじゅく)〜館山間は、12月下旬から沢山の花が咲き始める温暖地帯です。
沖を流れる黒潮が暖かい気温と湿度をたえまなく運び、この大地をうるおしていることは、誰もが認めるところです。
海岸に沿った128号を南下すると、海にはいくつもの小さな港があり、家並みの裏には花畑があり、
ぽかぽかの陽光と相まって心がかるく弾んできます。

房総の旅は、できれば国道なら旧道を、まちの中なら裏道をゆっくり見て歩くことをおすすめします。
通りでも畑でも、竹かごをしょった人によく出会います。花を写していると、土地のコトバでよく話しかけられます。

おみやげは「花」「野菜」「魚」です。大きい声では言えませんが、
太平洋に突き出た同じような半島より、かなり安いと思います。そして量が多い。
買いすぎてご近所・知人ににおすそわけ、が毎度になってしまいますが、
なんだか気持ちがゆったりできる冬の房総ドライブです。

 

<< トップへもどる

スライドショースライドショー
※30枚

ニュー小湊ホテル 吉夢
http://www.kichimu.com/